Roxer - クリック&ドラッグで簡単にWebページ制作 - K'conf
2008 . 07 . 22

Roxer - クリック&ドラッグで簡単にWebページ制作

Roxer
Roxerは、テキストや画像などの各要素をドラッグして自由に配置しながら、簡単にWebページ制作ができ、制作したページをユーザーの指定したドメインでそのまま公開できるホスティングサービスを行っているサイトです。
Roxerでは簡単なページ作成を特徴としており、その制作方法はちょっと個性的です。

まず、どんなものだか試してみたいという方は、トップページ左下に現れる錠アイコンをクリックしてみましょう。
すると編集モードになり、このページ上に置かれた、すべてのテキストや画像などが編集可能状態になります。この状態で、ドラッグして位置を決めたり、リサイズすることができます。また、各パーツをダブルクリックすると、テキスト編集や画像設定ダイアログが現れます。
編集後は錠アイコンをクリックすればロックされ、閲覧モードになるというかたちです。
基本的にはこんな風に作成していくというのがこのサイトの特徴で、だいたいこのデモで内容はつかめたのではないでしょうか。

公開するには、アカウントの作成が必須です。アカウントを作成するとユーザー名でサブドメインが与えられ(あとで変更可)、それがサイトのURLということになります。
興味深いのは、「新規作成」という概念がなく、例えばまず最初にサイトのトップページを作る場合なんかも、既存のWelcomeページを編集し直すかたちで進めていくというものです。
トップページ以外にもページを作成することができますが、この場合もPagesというページそのものを編集し直して、ロック(保存)する際にパスとページ名を指定するという風になります。 テキストや画像以外にも、デフォルトで用意されたいくつかのコンテンツを挿入することもできます。

このように作成されたページは、ロック状態にすると自動的に閲覧モードになり、同時にパブリッシュ(公開状態)になります。
ホスティングと一体のサービスなので手軽に利用できるところがいいところではないでしょうか。