SendMessageを使ったRainmeterの操作 [K'conf]
2007 . 06 . 27

SendMessageを使ったRainmeterの操作

Rainmeterのコンテキストメニューの項目を「WindowMessagePlugin.dll」を使用して、Bangコマンドのように扱うためのヒントです。

以下がSendMessageのパラメータ一覧
  • About [ 273 4004 0 ]
  • Help [ 273 4034 0 ]
  • Edit Settings [ 273 4008 0 ]
  • Refresh All [ 273 4001 0 ]
  • Show Log File [ 273 4035 0 ]
  • Transparency 0% [ 273 4014 0 ]
  • Transparency 10% [ 273 4015 0 ]
  • Transparency 20% [ 273 4016 0 ]
  • Transparency 30% [ 273 4017 0 ]
  • Transparency 40% [ 273 4018 0 ]
  • Transparency 50% [ 273 4019 0 ]
  • Transparency 60% [ 273 4020 0 ]
  • Transparency 70% [ 273 4021 0 ]
  • Transparency 80% [ 273 4022 0 ]
  • Transparency 90% [ 273 4023 0 ]
  • Fade In [ 273 4037 0 ]
  • Fade Out [ 273 4038 0 ]
  • Stay Topmost [ 273 4031 0 ]
  • Topmost [ 273 4010 0 ]
  • Normal [ 273 4011 0 ]
  • Bottom [ 273 4012 0 ]
  • On Desktop [ 273 4032 0 ]
  • Hide On Mouseover [ 273 4025 0 ]
  • Draggable [ 273 4026 0 ]
  • Save Positon [ 273 4027 0 ]
  • Snap to Edges [ 273 4028 0 ]
  • Click Through [ 273 4029 0 ]
  • Keep on Screen [ 273 4039 0 ]
  • Edit Skin [ 273 4030 0 ]
  • Refresh Skin [ 273 4024 0 ]
  • Close Skin [ 273 4009 0 ]
  • Exit [ 273 4002 0 ]


実際にこの一覧をスキン化し動作させたものが以下のサンプルになります。

Rainmeter SendMessage Sample.ini

コンテキストメニューでしか操作することが出来ない、TransparencyやExitなどは利用価値がありそうです。その他にも創意工夫でいろいろと変わったスキンが作れるのではないでしょうか。

しかし、1つ注意しなければならないことがあります。
それは、これらの方法でSendMessageを送る際、複数スキンを起動している場合、アクティブな1つのウィンドウ(スキン)に適用される(されてしまう)ということです。また、アクティブでなくてもZポジションが上のウィンドウに適用される傾向もあるようです。