A1をfoobar2000に適用 [K'conf]
2007 . 09 . 14

A1をfoobar2000に適用



WINAMP用のスキンとして公開しているA1ですが、別途 Winamp IPC emulatorを使うことで、比較的容易にfoobar2000にも対応することができます。

導入手順

まずAMIPのfoobar版であるamip_foobar_09.zipをインストールし、Winamp IPC emulator (foo_winamp_ipc.dll)をfoobarのcomponentsフォルダに置きます。
そしてA1フォルダはRainmeter\Skinsフォルダへ、plugin.iniは同じくcomponentsフォルダに置きます。

WINAMP版スキンとの相違点

基本的には foo_winamp_ipc.dll がほとんどの動作をエミュレートしますが、そのままでは具合の悪い部分を多少改変する必要があります。
  1. アプリケーションのパス
  2. 「OpenFile」コマンド(互換性がないため)
  3. 「Exit」コマンド(同上)
  4. ボリュームの増減量(WINAMPとはヴォリュームカーブが異なるため)

以下は上記を修正したバージョンです


ご注意

  • 対応するfoobarのバージョンは0.9系のみです
  • 上のスキンは参考版として公開していますので、サポート対象外とします